Pages

Categories

Archives

Meta

パソコン1台で仕事をしているような場合は別ですが(個人事業主)、一般的に中小を含む企業という組織では様々なアプリケーションやソフトなどを使い、作業の効率化を図っています。そのため社員への連絡業務や顧客管理、税務処理などをネットワークに頼っていると言ってもいいでしょう。結果、どこの企業でもサーバーを複数台稼働させているのです。しかし最近ではサーバー仮想化により、サーバーの台数を極端に減らすことが可能になりました。

ではサーバー仮想化と呼ばれるシステムは、社員数が少ないような会社では導入する価値は無いのでしょうか?実をいうと、そういった会社の方がより大きい効果が得られるのです。詳細は以下のサイトで掲載されていますので、サーバー仮想化というものに興味があれば参考にしてみてください。

■サーバ仮想化 | VMwareの仮想化・クラウド情報サイト – IT価値創造塾
>>サーバー仮想化のおすすめホームページ

今後もサーバー仮想化を導入する会社は増えるでしょうし、結果として経費削減や災害対策、内部統制にも繋がるため見過ごせないサービスだと言えます。ハードウェアメーカーにとっては脅威とも言えるサービスですが、使う側である企業にとってはメリットばかりと言えます。

ちなみにサーバー仮想化とクラウド化は別のサービスですので、間違わない様にしましょう!

カラーガラスは、フィルムガラスを利用することにより色合いを出すガラスのことで、例えば企業やお店などの外装・内装を華やかにする上で、とても効果的な役割を持ちます。ただのガラスでは、何だか殺風景なイメージを与えてしまい、見栄えがあまりよくありません。そこに、カラーガラスを使うだけで、洗練されたデザイン施設のような、確かなおしゃれを演出できます。それでは、カラーガラスの施工を提供する会社にはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで、今回は「カラーガラス(色ガラス)の製品紹介|エプスコアジャパン」をご紹介します。こちらは、東京都中央区大伝馬町13-7 日本橋大富ビル301号に本社を置く、デザインガラス、オーダーガラス、フィルムガラス製品を提供しているサイトです。

エプスコアジャパンのカラーガラスは、世界初の、透明のカラ―インクを利用して、澄んだガラスにコーティングした透明カラーガラスになっています。リビング、キッチン、浴室、寝室、レストラン、ホテル、ショッピングモール、百貨店、家具、家電製品の仕上材など、豊富な場面で利用できます。

デザインガラス、オーダーガラス、フィルムガラスを検討している方は>こちらのウェブサイトの製品紹介をぜひご覧ください。

相続税 税理士
大切な方が亡くなった時、財産を相続する可能性があります。財産を取得した時は、相続税を支払わなくてはいけません。取得した財産が一定額以下の場合であれば相続税がかかりません。

しかし、相続税と言われてもピンとこなかったり、どう手続きをすればいいのか分からない方が多いと思います。

そんな相続税のことに詳しい、東京都新宿区にある、相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所http://www.th-sozoku.jpをご紹介します。ホームページは「相続税申告のツチヤ」として、税理士の先生紹介、サービス内容、料金、サービスの流れなどを紹介しています。

土屋会計事務所の税理士は以前大手の税理士事務所で働いており、マンツーマンで相談に乗ってくれます。相続税の申告は、税理士の経験によって税金が大きく変わる場合があります。さらに、依頼(契約)までの相談は無料です。見積りを出した後の追加料金もかかりません。とても良心的に対応してくれます。

相続税の申告と納税には期限があります。期限を過ぎてしまうと、利息に当たる延滞税がかかってきます。土屋会計事務所では最短3週間で対応することが可能です。申告書の完成期限も事前に知らせてくれます。相談について分からないまま日にちが過ぎ、気付いた時に期限が迫っていた場合でも土屋会計事務所なら大丈夫です。

急いで申告をしなくてはならない方、相続税に強い税理士を探している方などは、ぜひ土屋会計事務所に一度相談してみてくださいね。