Pages

Categories

Archives

Meta

ここ数年、太陽光発電の普及は高まってきたと思います。

以前は大きなビルの屋根や、大型ショッピングモールの屋上などでしか見ることができなかった太陽光発電システム。

今では小規模のオフィスやアパート・マンション・一戸建ての屋根など、多くの場所で見る機会が増えてきました。

太陽光発電は、太陽光を利用して発電が可能ということで、ここ数年「省エネ・エコ」の考えが強い日本で普及されてきました。

以前より高性能・低価格の太陽光発電システムも増えてきたため、誰でも導入しやすくなった。

これが普及の理由だと思います。

太陽光発電システムは、何も建物の屋根や屋上にしか設置できないものではありません。

極端な話、空いている土地があればそこに直接設置することも可能です。

例えば空いている駐車場がある・使っていない畑がある…

このように、空いている土地があればそこに設置して発電が可能です。

しかし、土地にただ太陽光発電システムを設置しても、使うあてもないのに無駄だと思いますよね。

実は「全量買取制度」というものを利用すると、とてもお得ですよ。

全量買取制度というものは、太陽光発電で発電した電気を、電力会社が全て買い取ってくれる制度です。

これを利用すれば、空いている土地の有効活用ができますよね。

興味があれば、まずは専門業者に相談してみませんか?

エコライフは全量買取、グリーン投資減税の詳細をご案内しています。

上のリンクは、エコライフのHPです。

まずはここを見て、全量買取の説明を見てみましょう。

納得したら、エコライフに太陽光発電システムの導入相談ができますよ。

問い合わせもHPから気軽にどうぞ。

住宅を持つ上で考えたいのが防犯意識についての問題です。物件住宅の敵は、何も地震や台風などの災害だけではありません。強盗などが押し入り、住宅の一部が破壊されるということもありえます。もちろん住宅よりも命は大切なものです。その命を守るためにも、不審者が簡単に侵入が出来ないように防犯意識をしっかり持ち、さらに設備などを充実させるという考えも持つ必要があるかと思います。

また、様々な防犯構造を持った物件住宅がありますが、簡単な工事で防犯できるものに、フィルムガラスというものがあります。薄い透明な膜のような構造をしているフィルムガラスを、住宅の窓などに貼り付ける工事を行うだけで、いま住んでいる家の窓が割れにくいものに変わります。これなら、すぐに侵入できないので、防犯になりますね。

また、犯罪心理の話によると、泥棒などを目的に不法侵入を試みる犯罪者は、侵入にかかる時間が1分を超えると諦めて立ち去るという話があります。不法侵入者が最も恐れているのが警察への通報です。フィルムガラスの工事をしておくと、犯罪者浸入への時間稼ぎが可能になるので、防犯効果は非常に大きいとされています。自分の身や財産を守るためにも、自宅は工事しておいたほうがよいでしょう。